So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

羽生善治二冠が永世竜王に!?「永世七冠」を目指して宿敵渡辺明と運命の対決! [将棋]

今年2017年に通算30回目の節目を迎える竜王戦。先日行われた竜王戦挑戦者決定三番勝負において、羽生善治二冠が松尾歩八段に勝利し、渡辺明竜王への挑戦権を獲得しました。

10月20日21日の第一局を皮切りに、渡辺明竜王との七番勝負に挑むことになります。

もし七番勝負に勝って永世竜王の資格を獲得すれば、史上初となる永世七冠が誕生します。






羽生善治二冠が永世竜王に!?



羽生二冠はこれまでに通算6期竜王位を保持しています。もう一度竜王位を獲得すれば、通算7期となり、永世竜王の資格を獲得できます。

実は羽生二冠が永世竜王を賭けて竜王戦七番勝負に挑むのは今回は初めてではありません。2008年、2010年と2回チャンスがありました。その時の対戦相手も、今回と同じ渡辺明竜王でした。

2回も永世竜王への挑戦を阻まれているということで、羽生二冠にとって渡辺明竜王は因縁の相手というわけです。

特に2008年の七番勝負は今でも語り継がれるほどの名シリーズでした。第1局、第2局、第3局と挑戦者の羽生が3連勝し、あと1勝すれば永世竜王になれるという状況でした。そしてむかえた第4局、序盤からリードを奪った挑戦者の羽生は終盤までリードを守ります。

誰もが羽生が勝つだろうと思っていましたが、終盤でまさかの大逆転。渡辺が1勝を返します。その後も渡辺が3連勝し、羽生の永世竜王獲得はなりませんでした。






「永世七冠」を目指して宿敵渡辺明と運命の対決!



羽生二冠は現在将棋界にある7大タイトル戦のうち、竜王戦以外の6つのタイトルで永世称号を獲得しています。もし今年の竜王戦で竜王位を獲得すれば、7つ目の永世称号である「永世竜王」を獲得し、永世七冠を達成することになります。

対戦相手は前回の永世竜王挑戦でも戦った渡辺明竜王。羽生二冠は7年ぶりの挑戦権獲得で、もし今年竜王位挑戦に失敗すれば、また来年挑戦者決定トーナメントを勝ち上がってこなければなりません。そうなると来年勝ち上がってこれる保証はどこにもありません。

藤井聡太4段を初め若手棋士がどんどん成長してきていますし、さらに羽生二冠自身年齢とともに徐々に棋力の衰えが見られます。実際、今年は3つ保持していたタイトルの1つ奪われてしまいました。

今回の挑戦で決めておかないと、次のチャンスは何年後になるか分かりません。もしかしたらもうない可能性まであります。将棋ファンとしては、なんとしてでも今年永世七冠を達成して将棋界を盛り上げて欲しいと期待しています。


まとめ



今年の竜王戦で挑戦者の羽生二冠が勝てば史上初の永世七冠達成。
しかし、相手は今まで2度も永世竜王挑戦を阻まれている宿敵渡辺明竜王。
今回の挑戦に失敗すれば、次のチャンスはいつくるかわからない。

竜王戦七番勝負は10月20日に第一局、その後も1週間おきに7番勝負が続きます。史上初の永世七冠がかかった歴史的なシリーズにみなさんも注目して見てくださいね。





nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -