So-net無料ブログ作成

【一口馬主】DMMドリームクラブとは?気になる料金やシステムを解説! [競馬]

ソーシャルゲームやネット通販でおなじみのDMM.comが一口馬主事業に参入することを発表しました。「DMMドリームクラブ」というクラブ法人を立ち上げ、一口馬主を募集するとのこと。

DMMグループがインターネット事業で培ったアイデアや技術力を生かして、全く新しい形での一口馬主事業を行っていく計画だそうです。

新時代の馬主システム「DMMドリームクラブ」の詳細を早速見ていきましょう。






【一口馬主】DMMドリームクラブとは?



【一口馬主】DMMドリームクラブとは何かの前に、一般的な馬主から説明します。

馬主というのは、競走馬を所有しているオーナーのことです。個人がオーナーになるには審査に合格しなくてはなりません。年収2000万以上で資産が1億円が審査合格の最低ラインと言われています。いわゆる成功者だけが馬主になることを許されているわけですね。

所有する競走馬がレースで入賞すれば、賞金の2割を調教師やジョッキーに渡し、残りの8割は全部自分の収入となります。もしG1レースで優勝すれば約1億円の賞金がもらえるというわけです。

ただし、普段の馬の調教代やエサ代などで年間約700万程度かかるそうです。もし1勝もせずに引退することになれば大赤字。

活躍してG1レースで優勝すれば何億円もプラスで、1勝もできずに引退すれば数千万円の赤字。馬主というのはハイリスクハイリターンな世界です。


そこで考えられたシステムが一口馬主制度です。競走馬を1人で所有するのではなく、複数人でお金を出し合ってみんなの馬として扱うことで、リスクを分散する狙いがあります。また、人数を増やせば増やすだけ一人あたりの出資金を減らすことができるので、一口数万円から馬主になることができます。

「DMMドリームクラブ」ではこの一口馬主制度を採用し、一口4万円程度での募集を計画しているそうです。






DMMドリームクラブ気になる料金やシステムを解説!



今のところDMMドリームクラブの会員になるには、一口4万円程度費用がかかるそうです。完全な定額前払い制なので、後から追加料金が発生することはないそうです。

一口馬主でよく聞くのが、後から追加料金が発生してメンバーで大モメしたという話です。個人で集まって行うとそういったトラブルの処理が面倒ですよね。その点DMMドリームクラブはDMM.comがバックに控えているので安心です。

システムに関してはスマホとの連携を重視しているそうで、DMMドリームクラブのメンバー専用のアプリを使っていつでもどこでも24時間馬の様子を見れるようにするそうです。他にも馬の調教内容や出走レースもメンバーアプリ内で意見を交わせるようにするなど従来の一口馬主制度にはなかった新システムがたくさん実装されます。


もし馬がレースで優勝すれば・・・?



DMMドリームクラブで所有する馬がレースで獲得した賞金は出資した金額に応じて分配するそうです。もしG1レースで優勝でもすれば出資金の4万円がそのまま返ってくるかもしれません!それどころか、最近話題のキタサンブラックのようにG1レースを何勝もすれば分配金で黒字になることも十分考えられます。

全国のDMMドリームクラブメンバーと一緒にレースを見ながら応援するのは楽しそうですよね。ちなみに、私はもう一口購入を決めました!

みなさんも馬主になって一緒に応援してみませんか?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0