So-net無料ブログ作成

黒革の手帖第2話のあらすじネタバレと感想!武井咲が銀座の悪女に・・・ [黒革の手帖]

普段あまりドラマをみない私ですが、たまたま再放送で「黒革の手帖」の第1回放送を見てドハマリしてしまいました。

正直言って武井咲の演技力は今まで全く評価していなかったのですが、このドラマの悪女役で一皮むけたような気がします。今までは事務所の方針で清純派っぽい役が多かったみたいですが、今後はこういった悪女役で売っていけば大女優になれそうな予感・・・。






黒革の手帖前回までのあらすじネタバレと感想




~前回までのあらすじ~
両親が残した借金を返済するため、昼は銀行の派遣社員、夜は銀座のクラブでホステスとして2足のわらじを履く生活を送っていた元子(武井咲)。

そんな折、親のコネで正社員として入行した同僚の不祥事が発覚。大きな問題にしたくない支店長や上司は派遣社員である元子に責任をかぶせてクビにして火消しを図ろうとします。どうせクビになるならと、銀行の表に出せないお金(得意客の隠し預金)を自分の口座に送金。その額なんと1億8000万円。

横領の罪で元子を訴えると騒ぐ支店長に対して、「私を訴えれば裏金のことも全部バラします。このお金は口止め料としてもらいます」と脅す元子。コトを公にしたくない支店長は条件を受け入れるしかありませんでした。

まんまと1億8000万ものお金を手に入れた元子は、そのお金を使って銀座に自分の店「カルネ」をオープンさせます。

銀座という舞台で自分がどこまでのし上がっていけるのか、元子の挑戦が始まりました。


ここから第2話のネタバレあらすじになります。まだ知りたくない方は注意してください。






黒革の手帖第2話のあらすじネタバレと感想!



銀行から横領したお金で銀座に自分の店「カルネ」をオープンさせた元子(武井咲)。先輩ママからの忠告どおり銀座でクラブを経営する難しさに直面します。

1億8000万あった資金は店を借りる費用、毎月のランニングコストでどんどん減っていき、ついに5000万円を切ってしまいました。このままでは店が潰れてしまうと悩んでいる元子に対して行きつけのサロンの店長がアドバイスします。

「銀座で何年もホステスをやっている女は時給も高くて使いづらい、それならもっと素人の子を安く雇って見ればいいんじゃない?」

どうするべきか悩む元子は、たまたま派遣社員時代の同僚波子(仲里依紗)を見つけます。彼氏が作った借金の返済のために今も派遣として働いていると聞いた元子は、波子に自分の店で働かないかとスカウトします。

水商売の経験がない波子でしたが、元子の「頑張れば頑張っただけお金が稼げるよ」という言葉にひかれカルネで働くことを決意しました。出勤初日にたまたま客として来た楢林(奥田瑛二)に波子は気に入られます。

そのまま元子、波子、楢林の3人で寿司を食べに行き、帰りのタクシーは波子と楢林2が人きりで帰っていきました。楢林が美容クリニックの医院長と知った波子は猛アタックを仕掛け、2人はすぐに男女の関係になりました。

波子はその後もいろんな客をつかみ店の売上に貢献します。同僚ホステスの客を奪ったりして揉め事を起こしますが、売り上げが欲しい元子は見て見ぬふりをします。


そろそろ波子に注意しなければならないと考えていた元子のところに安島(江口洋介)が訪れます。自分が秘書を務めていた大臣が亡くなったので、次の選挙で出馬するべきかどうか悩んでいました。大臣の奥さんも出馬するので、もし自分が出馬すれば世話になった大臣夫妻に恩をアダで返すことになります。

そんな姿を見た元子は安島にハッパをかけます。「政治家になるために今まで頑張ってきたんでしょう?だったら今出馬するべきだと思います」その言葉を聞いた安島は出馬を決意し、店を去っていきました。

数日後、安島は政治界の大物フィクサーと言われる長谷川(伊東四朗)と共にカルネにやってきました。その席で長谷川は安島に見合いを勧めます。選挙で勝つためには政略結婚が必要とのことです。お相手は電機メーカーの社長の娘で、結婚すれば大きな後ろ盾を手に入れることができます。

安島に気がある元子はそっけない態度をみせますが、当の安島は長谷川の命令に従うしかありません。見合いの話を承諾しました。


場面は楢林の美容クリニックへ移ります。
「ほうれい線をなくして、もっと肌を白くしたいんです!」
と訴える患者に対して楢林は優しく返答します。

「あなたは今のままでも十分美しい、ただ、もっと美しくなりたいならいつでも相談に乗りますよ」
「その為にはまずこのクリームを使って、フェイスマッサージも受けてくださいね♪」

楢林に「今のままでも十分美しい」と言われた患者はうれしくなって、保険外治療を希望します。患者に保険外治療を勧め、高額な治療費を受け取ります。ただし保険外治療のことは隠しておいて銀行に他人名義で預け入れ裏金としてプールしていたのです。

裏金づくりのキーマンになるのが看護婦の中岡(高畑淳子)。裏金用の帳簿を作ったり銀行に預けに行ったりと楢林のクリニックを実質的に取り仕切っているのは中岡でした。中岡は30年も前からこうやって楢林のために汚い仕事に手を染めていたのです。

そんな中岡の気も知らず、楢林は波子に入れあげます。マンションを買ってあげただけでなく、銀座に店を出すお金まで出すことにしました。波子が店を出すのに選んだ場所は元子の店「カルネ」の2つ上のフロアでした。

ケンカ別れしてしまった元子に対するあてつけで同じビルに店をオープンすることを決めた波子。早速元子に呼び出されます。銀座のルールでは元の店のそばに自分の店を出してはいけないと注意されますが波子は無視します。

このままでは波子に店の客まで取られてしまうと考えた元子は波子をつぶすことを決意します。ここから悪女モードに。

まず中岡を呼び出して楢林が波子に入れあげて2億円近いお金を使っていることをバラします。30年も楢林に尽くしてきた自分を差し置いて若い娘に2億円もつぎこんでいる楢林を許せない中岡はマンションに乗り込むことにしました。

波子のマンションに押しかけた中岡はわめき散らして暴れます。そこにやってきた楢林にビンタされてしまいます。泣きながら自分は30年も楢林に尽くしてきたことを語り、あの小娘と私どっちをとるのと迫る中岡。

楢林の答えは波子でした。尽くしてきた楢林に捨てられて放心状態の中岡のとろこに元子がやってきます。いままで尽くした見返りとして退職金ぐらいはもらったらどうかという提案でした。中岡に変わって元子が楢林と交渉してくれると言われ中岡は提案を受け入れます。

ただし、元子が代わりに交渉する条件として楢林のクリニックにある裏帳簿を取ってきて欲しいとのことでした。中岡は最後のあいさつと嘘をつき楢林のクリニックへ向かいます。裏帳簿を作っていたのは自分なので金庫の場所、暗証番号すべて分かっています。すぐに裏帳簿を盗み出すことができました。

中岡から裏帳簿を受け取った元子は楢林を呼び出します。楢林に裏帳簿を見せて「この事実を黙っている代わりに5000万貸して欲しい」と持ちかけます。当然楢林は拒否しようとしますが、裏金を作っていた事実が表に出れば追徴課税だけでなく自身の医師免許剥奪までありうることを考えて渋々受け入れました。

元子が楢林に与えた猶予は3日。3日のうちに5000万を用意しておくようにと楢林に伝えその場を離れます。

その足で中岡の所へ向かった元子。「これからは自分の幸せのために生きてください」と退職金代わりの1000万円を中岡に渡します。


3日以内に5000万を用意しなくてはならなくなった楢林は、波子に持たせてやる予定だった店の契約をなかったことにします。さらに波子を住まわせていたマンションも解約。突然楢林に支援を打ち切られた波子はなぜこんなことをするのと問い詰めます。

楢林の答えは「全部カルネのママのせいだ」でした。

翌日カルネではいつものように朝礼が行われていました。そこに血相を変えて乗り込んできたのは波子。興奮してその場にあったグラスを壁に投げつけます。その姿を見ても動じず、少し笑ったような顔を見せる元子。

~第2話はここまで~


黒革の手帖第2話の感想




いや~ 武井咲の悪女役がハマってますね~

米倉涼子の演じた悪女がすごすぎて武井咲では見劣りするのではないかという前評判でしたが、このまま行くと米倉涼子超えもあるかもしれません。

特に第2話のラストシーンの演技は悪女っぷりがうまく表現できていてよかったと思います。

来週の第3話が楽しみですね!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0