So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ

吉岡里帆のドラマが2017年7月スタート!あらすじ紹介 [ドラマ]

吉岡里帆のドラマが2017年7月からスタートします。題名は「ごめん、愛してる」。

元々は2004年に韓国のTV局が制作したドラマで、韓国国内では最高視聴率29%を記録した大人気ドラマです。日本で有名な韓国ドラマと言えば「冬のソナタ」ですが、本場韓国ではその冬のソナタよりも視聴率が良かったそうです。

今回日本でのリメイクが決定し、吉岡里帆が自身初となるヒロイン役に大抜擢されました。

そこで気になるのがドラマのあらすじですよね。韓国で一大ブームを巻き起こした大ヒットドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじをまとめてみました。






吉岡里帆のドラマが2017年7月スタート!


吉岡里帆のドラマ「ごめん、愛してる」の初回放送は、7月9日(日曜日)の21時です。初回は25分の拡大SPとして21時~22時30分の放送になります。


吉岡里帆のドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじ

幼少期に母親(大竹しのぶ)に捨てられ、社会の底辺で生きてきた岡崎律(長瀬智也)。半ば自暴自棄な生活を続け、裏社会の仕事に手を染めていきます。その際に偶然、三田凜華(吉岡里帆)を助ける出来事が起こりました。この出会いが二人の運命を狂わせていきます。

裏社会の仕事を請け負う生活を続けている中で、あるとき頭に銃弾受け生死の境をさまよった岡崎律。今後いつ死ぬか分からない状況を考えた時、最後に親孝行をしようと考えます。自分を捨てた母親を探し当てたところ、実は自分にサトル(坂口健太郎)という兄弟がいたことを知ります。

自分が捨てられた理由は経済的理由だと思い込んでいた岡崎律は、母親とサトルの裕福な暮らしぶりをみて衝撃を受けます。「なぜ俺だけが捨てられたんだ!」岡崎律の心の中は母親とサトルへの憎しみだけになりました。

そこで以前助けた女性である三田凜華に偶然再開します。三田凜華が好意を寄せている相手はサトルでした・・・。






吉岡里帆のドラマ「ごめん、愛してる」の見どころ


見どころはズバリ「三角関係です」

アウトロー育ちで血の気が多く喧嘩が強い岡崎律と、裕福な環境で何不自由なく育てられたエリート街道まっしぐらのサトル。全てにおいて正反対といった対象的な2人が、ヒロインである三田凜華を取り合います。

2人の兄弟でヒロインを取り合う三角関係なんて、いかにもよくある恋愛ドラマのストーリーで王道ネタですよね。日本のドラマでも昔はよくあるストーリーでしたが最近はあまり見なくなりました。

王道ネタのベタなストーリーですが、一周回って逆に新鮮な気持ちで見ることができると思います。

脇役も個性豊かなキャラクター揃い


長瀬智也と坂口健太郎がヒロイン役の吉岡里帆を取り合う。それだけも十分な気がしますが、脇役も個性豊かなキャラクターが揃っています。

池脇千鶴
岡崎律と一緒に児童養護施設で育った純朴な幼馴染

大西礼芳
サトルが思いを寄せる天才サックス奏者

六角精児
岡崎律と母親の過去を狙っているゴシップ記者


主演キャストが豪華なのはもちろん、脇役も実力派俳優が揃っています。このドラマが面白くないワケがありませんよね。今から放送が楽しみです。


まとめ



吉岡里帆のドラマが2017年7月スタート、初回放送は9日(日曜日)の21時から。
見どころは吉岡里帆を取り合う三角関係。

連続ドラマのヒロイン役初挑戦の吉岡里帆。どのような演技をみせてくれるのか、期待したいと思います。





警視庁いきもの係の原作小説とは?あらすじ感想まとめ [ドラマ]

フジテレビ系列で
7月からスタートする新ドラマ
「警視庁いきもの係」


俳優の渡部篤郎(49)が
連ドラに初主演


相棒役の動物マニア刑事を演じる
橋本環奈(18)もドラマ初主演と
初めてづくしのドラマになります


今回はドラマの元ネタになった
作家大倉崇裕氏の小説
「警視庁いきもの係」シリーズ
についてあらすじや感想をまとめてみました




スポンサードリンク








・「警視庁いきもの係」原作小説のあらすじ


総務部総務課・動植物管理係(通称=警視庁いきもの係
に所属する鬼刑事と新米巡査


動物の生態をつかって事件の謎を解く
異色のミステリー小説


ベテラン鬼刑事と
動物マニアの新米巡査が
コンビを組む場面から物語はスタートします


事件解決のカギを握るのは
ペンギン、フクロウ、リス、ヤギといった
かわいらしい動物たち


小説を楽しむと同時に、
動物の生態にも詳しくなれますね


・「警視庁いきもの係」原作小説ネット上の感想は?


「警視庁いきもの係」原作小説は
2017年6月現在で3部作となっています


ツイッター上での感想をまとめてみました







鬼刑事と新米巡査のコミカルなかけあい
動物の生態にかんするウンチク
が面白さのポイントのようです


ベテラン刑事と新米刑事のコンビと聞くと
「刑事ドラマでよくあるパターンでしょ?」
今までは同じパターンのドラマばかりでした


ところが警視庁いきもの係では
そこに動物というキャラクターが加わることで
今までにないパターンの刑事ドラマになりそうです


毎回違った動物が出るのも
楽しみですよね。




スポンサードリンク








・「警視庁いきもの係」原作小説読む順番は?


「警視庁いきもの係」原作小説は
シリーズの発行順に並べると


小鳥を愛した容疑者
   ↓
ペンギンを愛した容疑者
   ↓
蜂を愛した容疑者


どの作品から読んでも楽しめますが
やっぱり最初から順番に読みたいですよね!


小鳥ペンギン の順番で覚えて下さい


1作目の小鳥を愛した容疑者
短い話が4つで構成される短編集になっています。


空き時間に読むことができるので
試しに小鳥を愛した容疑者を読んでみて
それで自分にあっているようだったら


長編作である
ペンギンを愛した容疑者
蜂を愛した容疑者
と、読み進めていくことをオススメします。


・まとめ


「警視庁いきもの係」原作小説の
ネット上の感想は上々

ドラマ版にも期待が持てそうです!





スポンサードリンク






ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。