So-net無料ブログ作成

羽生善治二冠が永世竜王に!?「永世七冠」を目指して宿敵渡辺明と運命の対決! [将棋]

今年2017年に通算30回目の節目を迎える竜王戦。先日行われた竜王戦挑戦者決定三番勝負において、羽生善治二冠が松尾歩八段に勝利し、渡辺明竜王への挑戦権を獲得しました。

10月20日21日の第一局を皮切りに、渡辺明竜王との七番勝負に挑むことになります。

もし七番勝負に勝って永世竜王の資格を獲得すれば、史上初となる永世七冠が誕生します。






羽生善治二冠が永世竜王に!?



羽生二冠はこれまでに通算6期竜王位を保持しています。もう一度竜王位を獲得すれば、通算7期となり、永世竜王の資格を獲得できます。

実は羽生二冠が永世竜王を賭けて竜王戦七番勝負に挑むのは今回は初めてではありません。2008年、2010年と2回チャンスがありました。その時の対戦相手も、今回と同じ渡辺明竜王でした。

2回も永世竜王への挑戦を阻まれているということで、羽生二冠にとって渡辺明竜王は因縁の相手というわけです。

特に2008年の七番勝負は今でも語り継がれるほどの名シリーズでした。第1局、第2局、第3局と挑戦者の羽生が3連勝し、あと1勝すれば永世竜王になれるという状況でした。そしてむかえた第4局、序盤からリードを奪った挑戦者の羽生は終盤までリードを守ります。

誰もが羽生が勝つだろうと思っていましたが、終盤でまさかの大逆転。渡辺が1勝を返します。その後も渡辺が3連勝し、羽生の永世竜王獲得はなりませんでした。






「永世七冠」を目指して宿敵渡辺明と運命の対決!



羽生二冠は現在将棋界にある7大タイトル戦のうち、竜王戦以外の6つのタイトルで永世称号を獲得しています。もし今年の竜王戦で竜王位を獲得すれば、7つ目の永世称号である「永世竜王」を獲得し、永世七冠を達成することになります。

対戦相手は前回の永世竜王挑戦でも戦った渡辺明竜王。羽生二冠は7年ぶりの挑戦権獲得で、もし今年竜王位挑戦に失敗すれば、また来年挑戦者決定トーナメントを勝ち上がってこなければなりません。そうなると来年勝ち上がってこれる保証はどこにもありません。

藤井聡太4段を初め若手棋士がどんどん成長してきていますし、さらに羽生二冠自身年齢とともに徐々に棋力の衰えが見られます。実際、今年は3つ保持していたタイトルの1つ奪われてしまいました。

今回の挑戦で決めておかないと、次のチャンスは何年後になるか分かりません。もしかしたらもうない可能性まであります。将棋ファンとしては、なんとしてでも今年永世七冠を達成して将棋界を盛り上げて欲しいと期待しています。


まとめ



今年の竜王戦で挑戦者の羽生二冠が勝てば史上初の永世七冠達成。
しかし、相手は今まで2度も永世竜王挑戦を阻まれている宿敵渡辺明竜王。
今回の挑戦に失敗すれば、次のチャンスはいつくるかわからない。

竜王戦七番勝負は10月20日に第一局、その後も1週間おきに7番勝負が続きます。史上初の永世七冠がかかった歴史的なシリーズにみなさんも注目して見てくださいね。





nice!(0)  コメント(0) 

加藤一二三と羽生善治は仲良し?ライバル米長邦雄との関係は? [将棋]

2017年6月に現役最年長棋士を引退した加藤一二三(かとうひふみ)九段。引退後は大手芸能事務所・ワタナベエンターテインメントに所属することになりました。

その愛らしいキャラクターがお茶の間にウケて、今ではバラエティー番組で引っ張りだこの売れっ子タレントになってしまいましたね。

そこで気になるのが将棋界のレジェンド羽生善治との関係。一部では2人は仲良しなんて噂が立っていますが実際のところはどうなのでしょうか。故・米長邦雄永世棋聖との仲も調べてみました。早速見ていきましょう。






加藤一二三と羽生善治は仲良し?



加藤一二三と羽生善治は仲良しだという噂話がネット上では数多く見かけられます。とはいえ、個人事業主の集まりといわれる将棋の世界。自分が勝つということは相手が負けるということで、逆に相手が勝つということは自分が負けるということです。

その辺は一般のサラリーマンと違うところで、会社の同僚と仲良くしたところでメリットはほぼありません。むしろ仲が良くなりすぎると情をかけてしまって良くないとまで言われています。特にトップ棋士同士になると私生活で他の棋士と仲良くすることはほぼありません。

14歳7ヶ月という若さで史上初の中学生棋士となり、「神武以来の天才」と言われてきた加藤一二三。史上3人目の中学生棋士としてデビューし、その後20年以上に渡ってトップ棋士として活躍し、将棋界のレジェンドと称されるようになった羽生善治。

この2人の場合はどうだったのでしょうか。お互いにどう評価しあっているのか見ていきましょう。






加藤一二三と羽生善治は仲良し?加藤一二三が語る羽生善治



まず結論から言うと、加藤一二三は羽生善治が大好きです。

とあるインタビューで「無人島に持っていくなら何を持っていきますか?」と聞かれた際に、「うーん羽生さんですね」と即答していました。(笑)インタビュアーとしては将棋の棋書や将棋のコマといった物を想定して聞いた質問だったのに、帰ってきた答えが人ということで唖然としたそうです。

理由を聞くと羽生善治とならいくらでも話が続くので、無人島でも暇にならないからという理由だそうです。個人的な印象としては、公の場で羽生善治と他の棋士が喋っているシーンを見ていると、やはり一歩引いてしまっているように見えます。

「将棋界のレジェンド羽生善治」ということでどうしても遠慮してしまうのだと思います。その点加藤一二三は相手が羽生善治といえども何の遠慮もせずに思ったことをズバズバ話します。羽生善治からしてもそこが逆にしゃべりやすくて会話が続くのかもしれませんね。


加藤一二三と羽生善治は仲良し?羽生善治が語る加藤一二三



羽生善治が語る加藤一二三といえばまず思い出すのがNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」です。

番組内で天才羽生善治の隠された苦悩が告白されました。中学生棋士として華々しいデビューを飾り、10代後半にはすでに名人、竜王、その他のタイトル戦の常連。25歳の時には将棋界に7つあるタイトル戦を総なめにして、前人未到の全冠を成し遂げます。

全冠達成直後、マスコミや将棋関係者が大ニュースとして騒ぎ立てます。しかし当の本人である羽生善治は漠然とした不安にかられていました「この先どうなるんだろう」。25歳で頂点を極めてしまったことでこの先何を目標にして将棋を指せばよいのか分からなくなってしまったそうです。

考えても考えても答えは出ず、迷いとともに将棋の成績も下がっていきました。一時期は保持タイトルがたった1つまで落ち込み、「羽生善治も過去の棋士だな」なんて言われることもあったそうです。そんな折、何年も深い迷いの闇の中にいた羽生善治を救う出来事がありました。

ある時、その日の対局を終えた羽生善治が別の対局室を覗くと加藤一二三の姿がりました。自分より年齢がひと回り以上違う若手棋士と必死で将棋を指していたのです。その姿勢に雑念は一切ありませんでした。ただ目の前の対局に勝ちたい、将棋が強くなりたい。あるのは将棋への純粋な情熱だけでした。

その姿を見た羽生善治は、「才能とは、情熱や努力を継続できる力だ」と悟ったそうです。その結果、「勝ち負けに固執せず、人生をかけて己の将棋を極める」という新しい目標ができました。長年暗闇の中にいた羽生善治に光が見えた瞬間です。

将棋を極めるという新たな目標を見つけた羽生善治はその後見事に以前の強さを取り戻します。ここ数年では複数タイトルを常に保持しており、前人未到の永世7冠まであと一つという所まで来ました。もし加藤一二三がいなかったら、羽生善治はとうの昔に引退していたかもしれません。

加藤一二三とライバル米長邦雄との関係は?



加藤一二三とライバル米長邦雄との関係は犬猿の仲なんて書かれていますが、実際のところはそこまで仲が悪かったわけではありません。

米長邦雄が亡くなる前の年に2人はNHKの正月番組で共演をしていますが、あの番組を見た人であれば分かってもらえるはずです。お互いにライバル心むき出しで話をする一方で、ちゃんと相手のことをリスペクトしていることがとても伝わってきました。

2人で解説に立った際には、あーでもないこーでもないと論争している姿を羽生善治がニコニコしながら見ていたシーンがとても印象的です。あのシーンが二人の関係を物語っています。表向きは仲が悪そうだけど、実際はお互いのことが好きなんですよね。


まとめ



加藤一二三と羽生善治は実は仲良し。
お互いに相手のことをリスペクトしている。

加藤一二三は将棋界を引退されはしましたが、今後も将棋界の発展のために頑張って欲しいですね!一方の羽生善治は永世7冠を期待して今後も応援したいと思います。





藤井聡太と羽生善治の対戦成績は? [将棋]

史上5人目となる中学生棋士としてデビューを飾った藤井聡太。デビュー直後に前人未到の29連勝を成し遂げ、歴代トップの記録を更新しました。

たった14歳の若者が何十年と続く将棋界において、連勝記録でトップに立った。羽生善治がデビューした時以上にマスコミから注目を集めています。

そこで気になるのが藤井聡太と羽生善治の対戦成績です。将棋界の新星と将棋界のレジェンドの対戦成績を調べてみました。






藤井聡太と羽生善治の対戦成績は?



藤井聡太と羽生善治の対戦成績は、今のところ1勝1敗で互角の成績です。といっても、2回とも「非公式戦」での対局の結果なので、公式記録ではありません

将棋まつりや、将棋の日といった連盟主催の将棋普及イベントで行われる公開対局や、後に出てくる獅子王戦、炎の七番勝負などが非公式戦にあたります。一方で名人戦や竜王戦といったタイトル戦は公式戦として扱われます。

藤井聡太と羽生善治が獅子王戦で初対戦


藤井聡太と羽生善治は獅子王戦という企画で初対戦しました。

獅子王線とは、大人気将棋マンガ「3月のライオン」と株式会社ドワンゴのコラボ企画で、2017年の3月に行われました。藤井聡太、羽生善治、仙崎学、加藤一二三の計4人のトーナメント戦です。

初戦はお互い別の相手に勝利し、決勝で対戦しました。対局の様子はニコニコ生放送で中継され、直前の勝敗予想では藤井聡太が15%、羽生善治が85%という数字になりました。持ち時間10分、その後1手30秒というNHK杯のようなルール。

一般的に持ち時間が短い場合、若手棋士が有利とされています。瞬間的にパッと手が見える能力は年々衰えていくことがその理由です。正直このルールだと藤井聡太4段が勝つのではないかと考えていました。

いざ対局が始まってみると、羽生善治が選んだ戦法は四間飛車。最近主流の横歩取りや角換わりといった戦型を避けたようです。予想外の戦型で戸惑う藤井聡太。序盤からリードを奪われ、終始劣勢のまま終盤に差し掛かります。

起死回生の手を狙って強引に羽生陣に攻め込みますが、しっかり見切られて綺麗な1手差で負けてしまいました。予想外の作戦でペースを乱されてしまったあたり、経験の差が出たように思います。

獅子王戦
藤井聡太●ー○羽生善治






藤井聡太と羽生善治が炎の7番勝負で2度目の対戦


藤井聡太と羽生善治の2度目の対戦は、「炎の七番勝負」という企画で実現しました。

炎の七番勝負とは、サイバーエージェントが主催した藤井聡太4段の特別企画です。将棋界の若手棋2人、中堅棋士2人、トップ棋士2人、そしてレジェンド羽生善治の合わせて7人と戦うという内容です。

いくら史上5人目の中学生棋士とはいっても、まだ14歳です。よくて2勝、もし3勝できれば僥倖(ぎょうこう)だろうと関係者は予想していました。ところが6戦目まで戦って、5勝1敗と大きく勝ち越していました。

特に、5戦目の深浦康市・6戦目の佐藤康光は、将棋界でトップ10人だけが在籍を許されるリーグA級に長年在籍しているトップ棋士です。その2人に2連勝するなんて一体誰が予想できたでしょうか。

そうしてむかえた7番勝負のラスト、相手はもちろん将棋界のレジェンド羽生善治です。先手番の藤井聡太は自分の1番得意な戦型である「角換わり」を選択します。それを真っ向から受けて立つ後手番の羽生善治。

前回の獅子王戦と違って、今回は藤井聡太ペースで勝負は進みます。1回ミスをすれば逆転されるという状況でも正確に指し続けました。最後は羽生玉が逃げ場を失い、投了。レジェンド羽生善治から大金星をあげました。

その時の藤井聡太のコメントがコチラ
「僕の立場で羽生先生と対局できるのはめったにない機会。ありがたいと同時に緊張もありました。羽生先生の将棋を見て、ここまで来た部分もありますし、勝ったのは特別な感慨があります」


うーん相変わらずしっかりしたコメントですよね。中学生でここまでしっかり受け答えできるなんて本当にすごい。

一方の羽生善治は
「今の藤井さんはかなり完成されているというか、しっかりしているので、私がプロに成り立ての時と全く違うところだと思います」


藤井聡太のことをかなり高く評価していたようです。


炎の七番勝負
藤井聡太○ー●羽生善治


まとめ



藤井聡太と羽生善治の対戦成績は、通算で1勝1敗の互角。
ただし、非公式戦での対戦。

連勝記録は惜しくも29でストップしてしまいましたが、それでも歴代トップ記録を更新。今後はタイトル戦での活躍に期待したいと思います。藤井聡太と羽生善治の公式戦初対局がいつになるのか、今から楽しみで待ち遠しいですね!





藤井聡太4段が5段に昇段するのはいつ?8段まで飛び級もあり!? [将棋]

6月21日に連勝記録を28まで更新し、歴代トップタイとなった藤井聡太4段。これだけ連勝しているにもかかわらずいまだに4段のままはおかしいと思いませんか?


藤井聡太4段はいつになったら5段になるのでしょうか。
調べていたところ、いくつか条件があることが判明しました。さらに、場合によっては4段から一気に8段まで飛び級する可能性もあるようです。


プロ棋士の昇段規定について早速見ていきましょう。






藤井聡太4段が5段に昇段するのはいつ?



藤井聡太4段が5段に昇段するためには、日本将棋連盟が定めた条件のうちどれか1つを満たす必要があります。
その条件とは以下のようなものです。

竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝
順位戦C級1組昇級
タイトル挑戦
全棋士参加棋戦優勝
公式戦100勝




・竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝
この条件をクリアするは最低でも2年以上かかります。竜王戦は毎年1回しか行われないので当然ですね。

・公式戦100勝
公式戦で通算100勝を達成すればOKという条件ですが、対局日程的に今年度中に達成するのは難しいと思います。

・全棋士参加棋戦優勝
全棋士参加棋戦というのは、朝日杯将棋オープン戦、銀河戦、NHK杯戦です。以上のどれか1つで優勝すればよいという条件です。どれも一発勝負のトーナメント戦なので、条件としてはすこし難しいかもしれません。

ということで、藤井聡太4段が今年5段に昇格するとすれば次の2つの条件のいずれかになるはずです

・順位戦C級1組昇級
この条件が一番可能性が高いです。順位戦は1年を通して行われるリーグ戦で、計10局の結果で上位の棋士が昇級資格を得ます。リーグ戦ということもあり、特に波乱が起きることもなく強い棋士が順当に昇級していくので、藤井聡太4段が今年昇級することはほぼ間違いないと思います。

・タイトル挑戦
このタイトル挑戦という条件ですが、デビュー1年目の藤井聡太4段が挑戦できる可能性があるタイトルは竜王戦のみです。この竜王戦は将棋界にあるタイトル戦の中でも最高峰に位置するタイトルで、特別の規定が設けられています。

藤井聡太4段が昇段するのはいつ?8段まで飛び級もあり!?



竜王戦は特別の規定が設けられているので、もし挑戦者になれば一気に7段まで昇段することになります。さらに挑戦者として現在竜王位にいる渡辺明竜王に勝てば、8段まで昇段してしまいます。

この飛び級が規定として定められたのは2006年で、条件を満たして実際に飛び級をした棋士はまだいません。もし藤井聡太4段がこの条件をクリアすれば、史上初の飛び級達成棋士となり、またあらたな伝説を残すことになりますね。






藤井聡太4段竜王戦の現状



藤井聡太4段は今現在竜王戦を勝ち進んでおり、決勝トーナメントに進出しています。
現状はこちら

e99b.jpg


赤枠で囲った位置にいるのが藤井聡太4段です。少し変則的なトーナメント表になっているのは、竜王戦独特のシステムで、過去の竜王戦での実績に応じて差がつけられています。今年デビューの藤井聡太4段は、過去の実績がゼロの状態なので、一番不利な位置からのスタートになっていますね。


藤井聡太4段が5段に昇段するのはいつ?



ということで、結論としては藤井聡太4段が5段に昇段するのはC級順位戦が終わる年度末、来年3月の可能性が一番高いです。
その前に行われる竜王戦で、もし挑戦者になれば10月ごろに7段、もし竜王位に就けば12月に8段に飛び級する可能性もまだ残っています。もし飛び級すれば、史上初、史上最年少、デビュー1年目での飛び級になるでの、是非とも達成してほしいと思います。

関連記事はコチラ
藤井聡太と羽生善治の対戦成績は?





加藤一二三引退!棋士の反応まとめ。藤井聡太もコメント [将棋]

現役棋士として将棋界最年長だった加藤一二三9段(77)が、20日に行われた竜王戦6組の対局で高野智史4段に破れ、62年と10ヶ月という長い棋士人生に終止符を打ちました。

引退がかかった対局に、将棋関係者の注目が集まり、竜王戦6組としては異例となる特別中継も行われた。引退が決定した後は、多くの棋士がコメントを寄せました。

藤井聡太4段や羽生善治三冠も引退を惜しむ発言をしています。
その他いろんな棋士の反応もまとめてみました。






加藤一二三引退!棋士の反応まとめ




・日本将棋連盟会長佐藤康光9段
「63年という長い間お疲れ様でした。加藤先生が42歳の時に初の名人位を獲得された10番勝負は今でも覚えています。プロ入りを目指して奨励会に入会したばかりの私にとって、大変勉強になりました。今後はその明るいキャラクターで将棋をさらに普及させていってほしいと思います。今まで本当にご苦労様でした」


・羽生善治三冠
「63年という長期間の現役生活は大記録だと思います。本当にお疲れ様でした」


・中原誠十六世名人
「加藤さんとはこれまで幾度となく戦いました。一番印象に残っているのは、第40期名人戦です。(佐藤康光会長が言及した10番勝負)今でも懐かしくて思い出すことがあります。長い間ご苦労様でした。」


・藤井聡太4段
「引退前に加藤先生と対局できたことは、自分にとってこれからの大きな財産になります。今後も多方面でご活躍されることを願っています。」


・田中寅彦9段
「加藤一二三9段引退、一つの歴史が終わったということでしょうか」


・女流棋士塚田恵梨花
「この対局の聞き手役をすることができ、光栄に思います。途中で涙が出そうでした。63年間、本当にお疲れ様でした」


将棋界以外からもコメントが
・SKE48鎌田菜月
「私が将棋に出会うきっかけをくれた大先生です。今日の対局中の姿本当にかっこよかったです。これからも加藤先生は私のあこがれです。」


・あひる夫人(羽生善治三冠の奥さん)
「77歳まで将棋への情熱を失わない姿にほれぼれ。加藤先生の前には光の道しかない。引退後は将棋の面白さ・楽しさを伝える伝道師として活躍されるはず」


多方面から引退を惜しむ声が寄せられています。加藤一二三9段が本当に愛されていたということの表れですね。そんな加藤一二三9段ですが、最後の最後にしっかり新たな伝説を残して引退されました。


加藤一二三引退!最後に残した伝説



大注目の大一番、総勢50人を超える報道陣が固唾を呑んで勝負の行方を見守ります。もし負けて引退が決まれば、引退会見が開かれる予定でした。

別室の大広間では、机や椅子などを準備し、会見の準備も整っていました。将棋記者はどんな質問をしようか考え、同席するはずだった連盟幹部もどんなコメントをしようかと頭を悩ませていたはずです。

ところが、加藤一二三9段はまたも異例の行動に出ます。対局が終了する前にこっそりタクシーを手配、押入れから荷物と靴を取り出した後で投了しました。通常、投了後は対戦相手や観戦記者を交えて感想戦を行いますがそれもキャンセル。

引退会見もすっぽかして、そのまますぐに将棋会館を後にしてしまいました。
その時の様子がこちら





いつもはコメントを求められれば、ひたすらマシンガントークを繰り出して1人しゃべり続けますが、さすがに自身の引退ということで万感の思いがあったのでしょう。一言も発しないまま、タクシーに乗り込み将棋会館を去ります。

その表情からは「もっとプロ棋士として将棋を続けたかった」という悔しさが画面越しでも伝わってきます。私も見ていてちょっと泣きそうになりました。

77歳までやったんだからもういいだろ。そんな声が聞こえてきそうですが、最後の最後まで勝負に勝ちたいという情熱を絶やさなかった加藤一二三9段には本当に頭が下がります。

以前羽生善治三冠は、加藤一二三9段のその将棋への情熱がなによりもすごいと語っていたことを思い出しました。






加藤一二三引退!本人のコメントは?



対局後に準備されていた記者会見をキャンセルし、報道陣を残して将棋会館を去ってしまった加藤一二三9段。その後しばらくして、自身のツイッターで声明を発表しました。








ファン、スポンサー、将棋記者、連盟関係者それぞれに対して感謝を伝えています。無言で帰ってしまった時は「加藤さんそりゃないよ」と思った人も、こうやって感謝のコメントをもらうと「加藤一二三9段だからまあいっか」ってなっちゃいますよね。

このへんが数々の問題を起こしながらも、加藤一二三9段が愛され続けてきた秘密なのかもしれませんね。


まとめ



63年の現役生活に終止符を打った加藤一二三9段。
多方面から引退を惜しむコメントが

今後は、その愛されキャラクターを生かして将棋の普及に携わって欲しいと思います。棋士は引退しましたが、これからも加藤一二三9段を応援し続けたいですね!





藤井聡太4段の扇子、オークションの値段がヤバイ!再販はいつ!?気になる値段は・・・ [将棋]

史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太4段、連勝記録を更新し続け、藤井フィーバーを巻き起こしています。6月7日には4段の棋士としては異例の扇子が販売され、わずか30分で完売してしまいました。

そんな藤井聡太4段の扇子ですが、ネット上のオークションサイトでは値段が高騰しています

気になるオークションの相場や、今後再販はあるのかどうか早速調べてみました。


藤井聡太4段の扇子、値段がヤバイ!



藤井聡太4段の扇子がオークションサイトに出品されていますが、その値段がヤバイことになっています。

6月7日の完売直後から、オークションサイトに一斉に出品されています。
その画像がコチラ

7ea2cf.jpg

赤い文字でSOLDと出ていますが、これは取引が成立して売れたということを表わしています。9500円~12000円で取引されていますね。

ちなみに、日本将棋連盟の販売部で売られていた定価は2268円でした。
2268円で買って、オークションサイトに出品すればすぐに1万円で売れたわけですから、すごいプレミア価格ですね。

ちなみに、その後の藤井聡太4段の扇子の相場はというと・・・

1a4f9.jpg

なんと当初の1万円から、さらに価格が跳ね上がって、3万円を超えるプレミア価格で取引されています。定価が2268円で、販売直後には1万円、今現在の最高値はなんと3万8000円です。すごいですね・・・。


藤井聡太4段の扇子が高騰したワケ



藤井聡太4段の扇子が高騰している理由は3つあります。

・理由その1  連盟が販売本数を見誤った
当初の日本将棋連盟の考えでは、合計400本も販売すれば大丈夫だろうというものでした。しかし、藤井聡太4段の人気は、連盟の想像をはるかに超えるものでした。当日並んでいた人数だけでも400人をこえていたわけですから、完全に連盟の発注ミスです。


・理由その2  転売目的のバイヤー
連日藤井聡太4段がテレビや雑誌などで取り上げられていることから、扇子を買ってオークションサイトで転売すれば儲かると考えた転売目的のバイヤーがたくさんいました。そういった人たちも扇子を買おうと並んでいたので、余計にプレミア価格がついてしまいました。


・理由その3  再販取り消し
当初は6月下旬に藤井聡太4段の扇子が再販される予定でした。ところが、扇子の材料となる竹が不足していることから、一旦決まった再販予定が白紙となりました。

半月待てば買えると思って待っていたファンも、再販が中止となったことで、今のうちに高くてもいいから手に入れようとする人が続出しました。その結果当初は1万円だった相場が、今は3万円というとんでもない価格まで上昇させる原因になったのです。

今現在は7月中旬に再販予定と噂されていますが、これも今後はどうなるかわかりません。また再販中止ということになれば、今以上のプレミア価格がつくことはまちがいありません。

藤井聡太4段の扇子が買えるのは今だけ?



藤井聡太4段が今後活躍を続けると、5段6段と昇段していくことになります。そういった場合、昇段するごとに別のデザインの扇子が販売されることになるので、4段藤井聡太としての扇子は今しか手に入れることができないのです。

極端な話、もし今年の竜王戦で竜王位を獲得すれば一気に7段になってしまいます。そうなると7段藤井聡太としての扇子が販売されることになり、4段藤井聡太としての扇子は2度と販売されることはありません。

竜王位は極端な例ですが、現在連勝記録を更新し続けている藤井聡太4段が5段に昇段するまでに時間はそうかかりません。その間に日本将棋連盟が藤井聡太4段の扇子を再販できなければ、オークションサイトで購入するしか入手方法がなくなってしまいます。

そうなるとまたさらにプレミア価格がついて10万円を超える可能性も十分にあります。


まとめ



藤井聡太4段の扇子はオークションサイトで価格が高騰中。
定価2268円だったものが、3万円を超える価格で取引されている。

今後再販があるかどうかはまだ正式に決まってはいませんが、もし再販なしということになれば、sらに値段が高騰することはまちがいありません。どうしても藤井聡太4段の扇子を手に入れたい人は今のうちに買っておいたほうがよいかもしれませんね。

藤井聡太28連勝がかかった次の相手は誰?いつ?中継を見る方法まとめ [将棋]

藤井聡太28連勝にあと1つと王手をかけました。28連勝で神谷広志8段のもつ歴代トップの記録に並びます。

気になる次の対対局の相手と日程ですが、6月21日(水曜日)に行われる王将戦の一次予選、澤田慎吾6段と対局の予定です。対局開始は朝10時です。

対戦相手となる澤田慎吾6段情報、中継を見る方法を調べてみました。






藤井聡太28連勝がかかった次の相手は澤田慎吾6段


澤田慎吾6段のプロフィール

生年月日   1991年11月21日(25歳)
出身地   三重県鈴鹿市
師匠     森信雄七段
竜王戦   2組
順位戦   B級2組

小学校卒業と同時に奨励会に入会し、2009年に17歳という若さでプロ入りを果たした早熟の棋士。14歳でプロ入りした藤井聡太4段に注目が集まっていますが、17歳でプロ入りを果たした澤田慎吾6段もなかなかのエリート街道を走っています。

ついこの間行われた王位戦挑戦者決定戦では惜しくも敗れ、初のタイトル挑戦はなりませんでしたが、いずれタイトル戦に出てくることは間違いないので覚えておいて下さい。

竜王戦は2組、順位戦もB級2組とプロ入り後順調に成績を伸ばしています。当面の目標は竜王戦1組入り、順位戦A級入りになってくるでしょう。






藤井聡太28連勝がかかった対局中継を見る方法


藤井聡太28連勝がかかった対局中継を見る方法は大きく分けて3つあります。
・PCから見る方法
・携帯から見る方法
・テレビから見る方法


・PCから見る方法
将棋プレミアムというインターネット会員サービスでは、入室から退出まで完全生中継で見ることができます。当日の解説は加藤一二三九段/佐々木勇気五段、聞き手は山田久美女流四段/安食総子女流初段です。

公式サイトはこちら
https://www.igoshogi.net/shogipremium/live/

見るための条件として、メルマガへの登録が必須なのであらかじめ登録しておくことをオススメします。


・携帯から見る方法
日本将棋連盟モバイルというサービスで、携帯での棋譜中継を見ることができます。こちらは有料サービスで、月額500円かかります。

対局をリアルタイムで観戦できるだけでなく、控室の解説や中継ブログの情報など豊富な情報を見ることができます。もちろん藤井聡太4段の対局だけでなく他の棋士の対局も見ることができるので、将棋ファンであれば是非とも入っておきたいサービスです。

こちらのページに入会方法が詳しく載っているので参考にして下さい。
https://www.shogi.or.jp/mobile/join.html


・テレビから見る方法
BSスカパーの囲碁将棋チャンネルで、生中継を見ることができます。スカパーのパックやセット等によって無料で見れる場合と申込みが必要な場合があるので、わからない方は個別に問い合わせてみて下さい。

当日急に問い合わせても対応が追いつかないことが予想されるので、事前に申し込んでおくことをオススメします。

公式サイトはこちら
https://www.bs-sptv.com/program/3247/


藤井聡太28連勝の可能性は?


今回の相手澤田慎吾6段はなかなかの強敵です。実は先日の6月2日にも2人は対局しており、その時はギリギリのところで藤井聡太4段が勝ちました。

その時の棋譜はこちら
https://shogidb2.com/games/cf1d5dee6ee947ff2af2c964aa1e3445cb4660d3

お互いの実力は拮抗していて、簡単に勝てる相手でないことは確かです。具体的な数字を挙げるのは難しいのですが、連勝記録達成の願望も込めてだいたい7割~8割ぐらいの確率で藤井聡太4段の勝ちと予想します。


まとめ


28連勝がかかった次の相手は澤田慎吾6段
対局が始まるのは6月21日(水曜日)の朝10時

ここまできたら28連勝で歴代トップに並んで、さらに29連勝、30連勝と記録を伸ばしていってほしいですよね。今後も藤井聡太4段を応援していきたいと思います。







藤井聡太27連勝がかかった次の相手は誰?いつ?中継を見る方法まとめ [将棋]

藤井聡太4段が順位戦で瀬川晶司5段に勝って、連勝記録を26まで更新しました。歴代トップは神谷広志8段の28連勝。1位まであと少しということで注目が集まっています。

そこで気になるのが27連勝がかかった次の相手ですよね。次の相手の情報や日程、中継を見る方法などをまとめてみました。







藤井聡太27連勝がかかった次の相手は誰?


藤井聡太27連勝がかかった次の相手は、アマチュア棋士の藤岡隼太さんです。6月17日(土曜日)の午後2時に対局開始です。

なぜアマチュアの棋士と?と、疑問に思われるかもしれません。
土曜日に行われるのは、第11回朝日杯将棋オープン戦という棋戦で、アマチュアの参加が認められている大会です。アマチュア相手とはいえ、正式な公式戦なので勝てば連勝記録はしっかり更新されます。


アマチュア棋士の藤岡隼太さんのプロフィール


アマチュア棋士の藤岡隼太さんは、なんと現役の東大生。東大将棋部に所属し、将棋の学生日本一を決める大会「第73回学生名人戦」で優勝し、学生名人になっています。

その時の画像がこちら

2ae2.jpg

真ん中が藤岡隼太さんです。賢そうな雰囲気ですね。







藤井聡太次の対局中継を見る方法は?


27連勝がかかった次の対局は朝日新聞デジタルで見ることが出来ます。

http://www.asahi.com/shougi/ 連勝記録がかかった藤井聡太4段の対局ということで、特別に中継が行われるようです。 事前登録が必要なので、もし生中継で見たいという方は今のうちに登録しておくことをオススメします。

訂正 
ファンの注目が集まっているということで、登録なしで生中継が見れることになりました。無料で誰でも見ることができます。

特設ページはこちらです
http://www.asahi.com/shougi/asahicup_live/fujii_souta/?iref=pr_shougi


藤井聡太27連勝の可能性は?


相手の藤岡隼太さんは、学生名人とはいえ所詮はアマチュア棋士です。プロ棋士との間には明らかな実力差があることは間違いありません。

過去に行われたプロ棋士対アマチュア棋士の対局成績を見ても、アマチュア棋士の勝率は1割程度。相手がトップ棋士の場合はすべて負けています。

藤井聡太4段の実力は、A級に在籍するようなトップ棋士に匹敵するとまで言われています。そんな藤井聡太4段にアマチュアの棋士が勝つ確率はほぼ0%といって良いでしょう。

まとめ


次の相手はアマチュア棋士で学生名人の藤岡隼太さん。なんと現役の東大生。
6月17日(土曜日)の午後2時に対局開始。

相手は所詮はアマチュアの棋士なので、普通にやれば藤井聡太4段がほぼ100%勝てる勝負です。
といっても、勝負の世界は何が起こるか分かりません。相手がアマチュアだからといって気を抜かないで、しっかりと勝利と掴んでほしいと思います!






藤井聡太4段25連勝達成!次の相手と日程は?26連勝の可能性は? [将棋]

d738e345a84807b5b8e4475fbc4769e3_s.jpg

連日連勝記録を更新し続けている藤井聡太4段。今日もやってくれましたね!

午前中、夕方と叡王戦(えいおうせん)の予選で対局が2度行われ、両方に見事勝利しました。これで新人デビュー後の連勝記録は単独トップ、さらに全体の連勝記録でも丸山忠久9段の24を抜いて単独の2位につけました。残すは神谷広志の持つ28連勝の記録だけです。

連勝記録更新なるのかどうか、次の相手と日程を調べてみました。








藤井聡太4段25連勝達成!次の相手と日程は?


藤井聡太4段が連勝記録更新をかけて次に対局する相手は、瀬川晶司5段です。順位戦C級2組でに行われます。場所は関西将棋会館で開始時刻は朝10時の予定です。


対戦相手の瀬川晶司5段といえば、将棋界でも異例の経歴の持ち主。プロ棋士養成機関である奨励会に在籍していましたが、プロになれず26歳の時に退会しています。その後は神奈川大学へ進学、NEC系列の会社に就職し、サラリーマン生活を送っていました。


社会人として会社の将棋部に所属し、アマチュア大会で活躍。2002年にはアマチュアの王将になり、プロ棋士と対戦する機会を得ます。そこで現在の久保利明王将(当時8段)を破る大金星。あまりの強さに解説のプロ棋士も驚いたそうです。


久保利明王将に勝ったことで、将棋への情熱が再燃した瀬川晶司5段、プロ編入の嘆願書を日本将棋連盟に提出します。編入試験に合格し、35歳という年齢での新人棋士が誕生しました。


1度はプロ棋士への夢破れ、サラリーマン生活をした後のプロ棋士転向。そんな苦労人瀬川晶司5段が次の相手です。簡単に勝たせてくれる相手ではないでしょう。









>藤井聡太4段が勝つ可能性は?


実力的に言えば、藤井聡太4段が勝つ可能性はかなり高いことは間違いありません。正直って藤井聡太4段の棋力はB級1組かそれ以上、A級棋士と比べても遜色ありません。


ただし、将棋というのは強いほうが100%勝つゲームではありません。将棋界のレジェンドである、あの羽生善治三冠でさえ通算の勝率で言えば7割程度です。


つまりどんなに強い棋士でも10回対局すれば3回は負ける可能性があるのです。藤井聡太4段が仮に羽生善治三冠クラスの棋力をすでに持っているとしても、勝つ可能性は7割です。

まとめ


藤井聡太4段、次の相手は瀬川晶司5段。6月15日(木曜日)の朝10時スタート。
勝つ可能性は良くて7割程度。

26連勝なるかどうか、今後も見守っていきたいですね!








藤井聡太4段の扇子が完売!ネット販売の再開はいつ? [将棋]

c1b.jpg

公式戦の連勝記録を23に更新した藤井聡太4段。日本将棋連盟が販売した公式グッズの扇子はすぐに売り切れてしまいました。

このままの成績を続ければすぐに5段、6段と昇格していくことは間違いありません。4段の印がついた扇子を買うことができるのは今のうちだけ。藤井聡太ファンであれば是非とも手に入れておきたいところです。

でも売り切れだし・・・そんなアナタに朗報です。日本将棋連盟が藤井聡太4段の扇子を再販することを決定したようです。次の機会を逃すともう手に入らないかもしれません、しっかりチェックしておきましょう。








藤井聡太4段の扇子が完売!


藤井聡太4段はデビュー以来の連勝記録を更新し続けていますが、公式グッズの売り上げでも異例の記録を出しています。

通常、自分の名が記された扇子をグッズとして販売するのはタイトル戦に出たり、順位戦でA級に昇格した際がほとんどです。ある程度知名度がないとファンがグッズを買ってくれません。

ところが藤井聡太4段はまだデビューして半年にもかかわらず扇子を販売したのです。将棋界のレジェンド羽生善治三冠でさえ、こんな早くに自身の扇子を販売していませんでした。

ファンの方から「藤井聡太の扇子はないのか?」との問い合わせが殺到し、急遽将棋連盟が販売を決めたそうです。

先日7日に東京将棋会館、関西将棋会館で販売開始。1人1本限りという制限付きでしたが、1時間足らずで完売してしまいました。翌8日にはオンラインショップにてネット販売されましたがこちらもすぐに完売。


藤井聡太4段の扇子が即完売のワケ


日本将棋連盟も藤井聡太4段の人気の高さを考慮し、十分な量を計算して販売しています。それでも扇子が即売り切れてしまうのにはある理由があったのです。

それは転売屋の存在です。当日並んでいる列の中には藤井聡太4段のファンの他に、転売を目的としている人もたくさんいました。将来プレミア価格がつくことを期待して今のうちに買い集めておく考えのようですね。

将棋関係者もこのことを問題視しており、転売屋から買わないようにと呼びかけています。













藤井聡太4段の扇子再販決定!


藤井聡太4段の扇子ですが、再販が決定しました。正確な時期は追って発表があると思いますが、いまのところ6月下旬を見込んでいるそうです。
日本将棋連盟のツイッターをフォローして常にチェックしておきましょう




藤井聡太4段の扇子を絶対手に入れたい人向け


藤井聡太4段の扇子が再販決定しましたが、今後どうなるかは不明です。4段としての扇子販売は、次の販売が最後になるかもしれません。藤井聡太を今後も応援するのであれば、4段5段・・・と扇子を全部揃えたいといですよね。

必ず手に入れるための作戦を考えてみました。

日本将棋連盟のツイッターを毎日チェックし、再販の日程を確認。再販日の始発で東京将棋会館、関西将棋会館に向かって朝から並びます。

前回の販売は昼の12時に販売開始でしたが、開店前から並んでいる人だけで店員が埋まって売り切れてしまいました。次の販売も同じ状況が予想されるので朝から並んで確実に扇子をゲットしましょう!


東京将棋会館 
東京都渋谷区千駄ヶ谷2丁目39?9
販売部 03-3408-6596
         
        


 


関西将棋会館
大阪府大阪市福島区福島6丁目3
販売部 06-6451-5077




まとめ


藤井聡太4段の扇子再販は6月下旬予定。
4段としての扇子販売は最後になる可能性も。

藤井聡太ファンであれば是非とも手に入れたいですね!