So-net無料ブログ作成
検索選択

パチューカ本田が鮮烈デビュー!圧巻の左足ゴール!海外の反応まとめ [スポーツ]

パチューカの本田圭佑が鮮烈デビューを飾りました。後半58分から途中交代で出場。73分にドリブルでゴール前に持ち込み、そのまま左足でゴールを決めました。

本田圭佑のゴールを見た海外のサッカーファンの反応をまとめてみました。早速見ていきましょう。


パチューカ本田が鮮烈デビュー!圧巻の左足ゴール!



イタリアの名門ACミランからメキシコのパチューカへと電撃移籍した本田圭佑選手。パチューカの本拠地が標高の高い場所にあることから、移籍後は調整方法に苦労していました。なかなかコンディションが戻らない中でメキシコリーグ(リーガMX)が開幕。

第5節までの本田選手は、試合に出場するどころかベンチ入りメンバーにさえ入っていませんでした。ところが22日の第6節ではベンチ入りメンバーとして招集されることになりました。先発出場はなりませんでしたが、後半58分に交代出場、見事デビュー戦でゴールを決め鮮烈なデビューを飾りました。

チームの中で1人だけ高額な年俸をもらっているにもかかわらず試合にすら出ていなかったことで一部のファンからは本田圭佑選手の能力を疑問視する声も上がっていましたが、今回のデビュー戦ゴールで一気に評価を引っくり返してしまったようです。

デビュー戦のゴールシーンの動画がコチラ




自陣ゴール前で味方がボールを奪ったことを確認すると、素早く動き出して中盤でパスを受けます。敵が寄せてくることを察知し、ワンタッチで味方にパス。素早く反転して前を向くと周囲を確認、相手DFラインが上がっていることを見た本田は相手DFラインの裏へ走り込みます。

味方からタイミングのいいスルーパスを受け、ドリブルで相手ゴール前へ。相手DFが体を寄せてくる直前にペナルティーエリア外からミドルシュート。相手キーパーの手がギリギリ届かないコースへボールは放たれ、サイドネットに突き刺さりました。






圧巻の左足ゴールから見える本田の成長


今回のゴールシーンから本田圭佑選手の成長を感じました。

今までの本田圭佑選手であれば、最初に味方からパスを受けた時一旦足元にボールを止めて、そこで味方の選手を探したり前を向いてドリブルをしようとしていました。ACミラン時代にはそのタイミングで敵DFからチェックが入って何度もボールをロストしていました。

ところが今回はワンタッチでボールをさばくことで、相手DFがチェックに来る時間を与えませんでした。その後スルーパスを受けたシーンも同じです。相手DFが寄せてくる直前で左足を振り抜いてシュート。これでは相手DFはもうどうしようもありませんよね。

おそらくACミラン時代のことを反省し、プレースタイルを変えてやっていこうと考えているのだと思います。ワンタッチでのシンプルなポストプレー、ミドルレンジからの強烈な左足のシュート。本田圭佑選手はワントップの位置の方が向いているのでは?そんな気がしてきます。


パチューカ本田が鮮烈デビュー!海外の反応まとめ



鮮烈なデビューを飾ったパチューカ本田、海外の反応をまとめました。

〈メキシコ〉
本田はすごく良い選手だって俺は前から言ってた。左足で良いシュートを撃てる。長く在籍してくれるといいな。

〈アメリカ〉
ミランにいたときは監督やチームの戦術と合っていなかったんだよ。これが彼の真の実力。これからもっと活躍するよ!

〈ESPN読者〉
おいおいなんでメキシコに来たんだ?こんなプレーができる選手ならヨーロッパで活躍できるだろ

〈メキシコ〉
移籍後ずっとベンチにすら入っていなかったから彼のこともういらないと思ってたよ。でも今日の活躍を見て考えが変わった。今後も試合に出てほしいね。

<LAギャラクシーファン>
ほら見ろ!だから本田を獲得しろって言ったのに。ウチに来てたら大活躍だったはず。

〈ACミランファン〉
彼はイタリアでは適応できなかったが、メキシコリーグのレベルであればまだまだトップレベル。頑張ってほしいね。

〈パチューカファン〉
君のこと金食い虫のおっさんって言ってごめんね。君を愛してるよ!



海外はゴールしたかどうかで評価が一変するとはよく聞きますが、まさにその通りですね(笑)ひとつのゴールを決めるだけでここまで評価が変わるのは日本のサッカーファンからすると驚きです。






まとめ



本田圭佑選手がデビュー戦でゴール。
ピッチ上での結果でファンの心を一気につかみました。

次の試合は現地時間で8月26日の11:00からティフアナとの対戦です。日本時間では27日の明け方になる予定です。

パチューカの試合を生中継で見たい方はコチラ
パチューカの試合中継はどこで見れるの?日程は?






nice!(0)  コメント(0)